ジョホール/ジョホール・バルJohor / Johor Bahru

マップ

マレー半島最南の州、ジョホール。大航海時代においても独立を維持し、その歴史を物語る独特の魅力があります。中心部はシンガポールからの影響もあり洗練された都会。海岸沿いはのどかな町と美しいビーチが広がっています。州都ジョホール・バルとシンガポールは、約1kmのコーズウェイ橋でつながっていて、陸路での国境越えが可能です。

アクセス方法

   

日本からのアクセス

●空路
クアラルンプールからは飛行機で約1時間
●鉄道
KTMでKLセントラルからゲマス(Gemas)で乗り換えJBセントラルまで約7時間。ウッドランドCIQからはシャトル列車利用で約5分。
▸ マレー鉄道ホームページ
●陸路
クアラルンプールから約4時間半、シンガポールからは約1時間半
※週末や休日前後のコーズウェイ橋は大変混み合います。時間には余裕を持ってご旅行ください
●海路
ベルジャヤ・ウォーターフロントフェリーターミナルからタンジュン・ベンランコー(デサル方面)、バタム島(インドネシア)、ビンタン島(インドネシア)行きのフェリーが出ています。
▸ フェリースケジュール


ジョホール・バル市内

マレー半島最南端の町、ジョホール・バル。JBの愛称で知られています。シンガポールへの玄関口という立地のよさから、アジアの拠点を目指して、さまざまな開発が進行中。アジア初のレゴランド・リゾート、デサル地区の高級リゾートなど、ここにしかない見どころが多数あります。これらは広範囲に広がっているので、事前に旅の計画をねりましょう。

スルタン・イブラヒム・ビルSultan Ibrahim Building

ジョホール・バル中心部にある州政府の庁舎。コロニアル建築とマレー様式がミックスした瀟洒な建物で、ジョホール・バルのランドマーク的存在。太平洋戦争中は司令部として使用されていました。事前に予約すれば、内部の見学も可能です。

スルタン・アブ・バカール・モスクSultan Abu Bakar Mosque

「近代ジョホールの父」(リンク)の名を冠したモスク。建築に8年を費やし、マレーシアに数あるモスクのなかで指折りの美しさを誇ります。シンメトリーのデザイン、立派なアーチ形の回廊、黒いドームを配した六角形のミナレット(尖塔)が特徴です。
開館時間
9:00-17:00
※金曜の12:00〜15:00と礼拝時間は入場できません。
入場料
無料
※入場の際、男性は長袖(半袖)長ズボン、女性は長そで、ロングスカート(長ズボン)、スカーフの着用が必要です。モスクでは貸し出しをしておりません。

ジョホールクラフトコンプレックスJohor Craft Complex

JBセントラルから車で約10分の場所にあるクラフトセンター。店内ではバティックなどの民芸品販売以外にも、バティック体験やマレーシアの伝統芸能作りができるワークショップを開催しています。
有料体験
コンパン、コンパンのキーホルダー、ワヤンクリ(影絵)のキーホルダー、バティック
※コンパンは所要時間4時間/要事前申し込み
住所
LOT PTB2002, Jalan Chernderasari,Off Jalan Datin, Halimah,
営業時間
9:00-18:00

マレー文化村The Malay Cultural Village

マレーシアの伝統や文化が体験できるカルチュラル・ビレッジです。さまざまなプログラムがあり、影絵ショー、バティック染め体験、伝統的な高床式住居での生活体験など、どれも興味深いものばかり。軽食の「ロティチャナイ」作りも体験できます。
※要事前申込み
入場料
RM60
(施設の見学、民族舞踊鑑賞、テ・タレ&ロティチャナイの試飲試食、バティックまたは石けん作り体験代金含む)
※バティックと石けん両方体験する場合はRM80
開館時間
9:00-16:00

申込は電話かwebサイト内の「contact」からお申込下さい。

免税(デューティーフリー)地区Duty Free Area

国境に面したジョホールには免税区があります。ジョホール・バルからバタム島(インドネシア)などへ行く海の玄関口にある免税店で、お酒(1リットル未満)、チョコレート、タバコ(220g、もしくは200本)を免税で購入することが可能です。ショッピングモールとホテルも併設しています。なお、購入したものを未開封のままシンガポールなどの海外に持ち込まれる場合は、その国の免税対象の範囲に従うことになりますので、ご注意ください。
※免税エリアで購入され、未使用・未開封のタバコはシンガポール入国時課税対象となります。ジョホールバル滞在後シンガポールへ行かれる方はご注意ください。

ジョホールプレミアムアウトレットJohor Premium Outlets

シンガポールからも人が訪れるという人気のアウトレット。ファッション、靴、アクセサリー、コスメなどさまざまなショップがあり、通常価格の25~60%オフで商品が並んでいます。可愛いサンダルで有名なマレーシア発のブランド「Vincci(ヴィンチ)」、カラフルなデザインの「Padini(パディニ)」。また「上海灘」「アルマーニエクスチェンジ」「コーチ」「フェンディ」などの海外一流ブランドも多数。ジョホール・バル(セナイ)の空港地区にあります。
▸ ショップリスト
アクセス方法
ジョホールバル市内からはCauseway Link がシャトル(有料)で運行しています。
営業時間
11:00-20:00

レゴランドマレーシアLegoland Malaysia

アジア初のレゴランド・リゾート。広大な敷地内には40以上のアトラクションやショーがあり、1日中遊べる施設です。とくに注目なのは、2500万個以上のレゴブロックを使って、マレーシアを象徴する建物「ペトロナスツインタワー」や「ピンクモスク」を約20分の1のサイズで正確に再現したコーナー。レゴで飾られたレゴランド・ホテルも人気です。
アクセス方法
ジョホールバル市内から車
営業時間
10:00-17:00/20:00
※終了時間は日付により異なる
入場料
RM140(12歳-59歳)RM110(3歳-11歳/60歳以上)

アルルミグ・スリ・ラジャカリアマン・グラス・テンプルArulmigu Sri Rajakaliamman Glass Temple

壁一面、ガラスの装飾で彩られた非常にめずらしいヒンドゥー寺院。大事なヒンドゥー教の祭事では、電飾がキラキラ輝く仕組みもあり、このインパクトのある装飾が世界中の信者を惹きつけています。最近は写真映えスポットとしても人気です。

コタイスカンダルKota Iskandar

2006年よりジョホール州で進められているイスカンダル計画。その一環でジョホールの州政府機能がジョホールバル市内から車で30分程のコタイスカンダルへ移管されました。現代イスラム建築ともいわれる州議事堂、州政府官庁の建築美が見どころです。


デサルコーストとその周辺

ジョホール州の東海岸、メルシン沖のデサル地区は東海岸特有の透明度の高い海が広がり、隠れた人気ビーチです。近年は4つのデラックス~ラグジュアリーホテル、2つのゴルフコース、ウォーターパークがオープンし、一大リゾート地区となりました。マリンスポーツやゴルフといったアクティビティをしたり、ラグジュアリーリゾートでゆっくり過ごしたりと様々な楽しみ方が可能です。デサルコースト内は無料のシャトルバスが運行されているので、各ホテル、スポットへのアクセスも便利です。

アクセス方法

●ジョホールバルから(陸路)
ジョホールバル空港または市内中心部より車で約1時間
●シンガポールから(船+陸路)
チャンギフェリーターミナルから1日2便フェリーがタンジュンベランコ―まで運行されています。所要時間約30分。その後車で約30分。タンジュンベランコ―からデサルコーストまで無料のバスも運行。2021年にはシンガポールーデサルコーストのフェリーが開通する予定です。
※国境を越えますのでパスポート、入出国手続きが必要です。

デサルコースト・アドベンチャーウォーターパークDesaru Coast Adventure Waterpark

ハードロックホテルに隣接したウォーターパークで、世界最大級の波のプール、数種類のスライダー、小さなお子様向けのスライダーやジェットコースター等のアトラクションがあり、子供から大人まで楽しめます。
営業時間
10:00-18:00
休業
月曜(マレーシアのスクールホリデー時は毎日営業)

デサルコースト・リバーサイドDesaru Coast Riverside

ウォーターパークに隣接するレストラン&ショップエリア。カフェやレストラン、コンビニがあります。

ジ・エルスクラブThe Els Club

プロゴルファー、アーニー・エルスが設計したゴルフ場で、マレーシアではランカウイに続き2軒目。オーシャンコースとバレーコース各18コースあり、バレーコースは小さなグリーンと激しい起伏がありオーシャンコースより難易度が高くなっています。

デサル・フルーツファームDesaru Fruits Farm

デサルコーストから車で約15分。園内では様々な南国の果物が栽培されており、果物の説明を聞くツアー後は園内で採れた フルーツを頂きます。
カットフルーツセット
RM25
ランチ&フルーツセット
RM50

ウォーター・アクティビティWater Activities

デサルコーストではジェットスキー、バナナボード、カヤック、サーフィン、ペダルボート、ウェイクボード、水上スキー等のアクティビティが楽しめます。※種類によって料金は異なります。詳しくはビーチで確認してください。

デサルコーストのホテル


ジョホールの歴史

16世紀初め、マラッカ王国最後の王、スルタン・ムハンマド・シャーは、この地にジョホールを建国。近隣の島々も支配下におき、ジョホール・リアウ帝国とよばれる大きな国を築きました。18世紀、オランダの攻撃などを受けながらも国は維持され、1866年、スルタン・アブ・バカールが王に即位します。政略にたけていたスルタン・アブ・バカールは、マレーシアの他の州が英国植民地になっていくなかでも独立を維持。ジョホール王国独自の経済開発をすすめ、発展を遂げました。そのためスルタン・アブ・バカールは「近代ジョホールの父」と呼ばれています。


陸路でシンガポールへ

マレー半島最南端の町ジョホール・バルは、お隣の国シンガポールとわずか1kmのコーズウェイ橋でつながっています。そのため、バス、タクシー、列車を使って、たった1時間程度で国境越えができます。日帰りでのシンガポール旅行を楽しむのもおすすめです。一般的なルートは、コーズウェイ橋を利用するもの。レゴランドなどに立ち寄る場合は、ジョホール州南西部にかかる橋「マレーシア・シンガポール・セカンドリンク」を利用しましょう。

●マレーシア、シンガポール国境越えについて
ジョホール・バルとシンガポールをバスや車で移動する場合、通常は1時間程度で、コーズウェイ橋を渡り、出入国の手続きができます。
ただし、混雑時は倍以上の時間がかかるので注意しましょう。通勤時間、週末、現地の休日前後はかなり渋滞します。
イミグレーションは24時間オープン。
なお、現在コーズウェイ橋は徒歩で渡ることはできません。

ジョホールバル→シンガポール


方法❶ バスで

シンガポールへはバスが頻繁に運行していて便利です。乗車時間は30分から1時間程度。
・国境越えの方法は、まずはジョホールバルの出入国チェックポイント(CIQ)で手荷物をすべて持って下車。出国審査をうけます。ふたたびバスに乗車しシンガポールへ。
・ウッドランド(シンガポール)の出入国チェックポイント(CIQ)に着いたら、手荷物をすべて持って下車し入国審査、手荷物検査を受ければOKです。
なお、シンガポール市内行きのバスに乗車している場合は、入国審査を受けたあと、ふたたび同じバスに乗車し、目的地まで行きます。
※レゴランド経由などで「マレーシア・シンガポール・セカンドリンク」橋を利用するバスの場合も同様。橋の両岸に出入国ポイントがあります。
▸ ジョホールバル⇔シンガポールのバス情報

方法❷ 車・タクシーで

出国、入国の手続きはバスと同じですが、車専用のカウンターがあるので、下車せずに出入国の手続きができます。

方法❸ 電車で

マレー鉄道はJBセントラル駅(電車コラムにリンク)が終着駅です。そのため、JBセントラルからシンガポールのウッドランドCIQ駅間はシャトル列車に乗り換えが必要です。シャトル列車の乗車時間は5分で、道路の渋滞やイミグレの混雑がなく、とても便利です。
▸ 詳しくはこちら


シンガポール→ジョホールバル

すべての方法において、ジョホールバル→シンガポールと同様です。
●チャンギ空港→ジョホールバル
チャンギ空港からジョホールバルまではバスが運行されております。
▸ シンガポール⇔ジョホールバルのバス情報


クロスボーダー(国境越え)タクシー

タクシーで、ジョホール・バルとシンガポール間の移動が可能です。ただし、国境越えができるタクシーは「クロスボーダー・タクシー」のみ。どちらの国のタクシーかで、乗車、下車の場所に制約がありますので注意しましょう。
●マレーシア・クロスボーダータクシーを使う場合
マレーシア内ではどこでも乗車可能ですが、シンガポール内の下車はバンサン通り(クイーンズ通り)のタクシー乗り場のみ。ほかの場所で下車したい場合は、ラーキン・タクシー乗り場で、シンガポールのクロスボーダータクシーに乗車しましょう。
ラーキンタクシー&バスターミナル JBセントラルから車で約15分
料金 RM80~
●シンガポール・クロスボーダータクシーを使う場合
マレーシアのクロスボーダータクシーと制度は同じで、シンガポール内であれば、どこでも乗車、下車が可能です。マレーシア内での乗車、下車は、ジョホールのラーキン・タクシー&バスターミナルのみになります。
バンサン通り乗り場 MRTブギス駅から徒歩約5分
料金 S$48~
※リムジンタクシーを利用する場合は上記の限りではありません。