出入国情報

ビザ

日本国籍の方
日本国籍で、観光や商用目的での90日以内の滞在についてはビザは不要です。但し入国時にパスポートの有効期限が6ヶ月以上残っている事と帰路(または次の目的地)の航空券の所持が必要です。
▸ マレーシア入国条件はこちら 入国管理局

外国籍の方
ビザ(査証)が必要な場合があります。各自にてご確認下さい。

<大使館申請(東京)>
●申請書類や金額について ENGLISH / 日本語
●所要日数:3営業日

<オンライン申請(E-Visa)>
▸ eVISA(オンライン申請)はこちら
※マレーシア、シンガポール、イスラエル、北朝鮮国籍の方以外はe-Visaでの申請が可能です。
ご出発2週間前に申請をお済ませください。

<代行申請>
▸ JTB ビザセンターはこちら(問合せはオンラインのみ)
▸ Ciel Touristはこちら(電話:03-3233-0311)

▼その他のビザに関するお問い合わせ
在京マレーシア大使館
開館 月曜~金曜
休館 土曜、日曜、マレーシアと日本の祝日

出入国

入国
パスポートの提示後、両手人さし指の指紋確認証を行い、パスポートに入国のスタンプが押されます。
※マレー半島からボルネオ島(サバ・サラワク州)への移動は、国内移動ですが両州到着時にパスポートチェックがあります。

出国
パスポートを提示し、出国のスタンプが押されます。
※マレーシア国内線を乗り継いで帰国する際の出国審査はクアラルンプール国際空港にて行われます。

KLIA(T1/T2)で自動ゲートが利用可能になりました。

KLIA(第1/第2ターミナル)では入国審査緩和策として、日本人を含む10か国の方に自動ゲートの利用が可能になりました。

<利用が可能な国籍>
日本、オーストラリア、韓国、米国、ブルネイ、ニュージーランド、英国、ドイツ、サウジアラビア、シンガポール

  • <利用方法>
  • ・初回
  • ①出発3日以内にデジタルアライバルカードを登録 →デジタルアライバルカードの登録はこちら
  • ②到着後有人の入国審査カウンターへ行き、デジタルアライバルカードを提出し、オートゲートの利用登録をします。
  • ③マレーシア出国時よりオートゲートの利用が可能です。

  • ・2回目以降
  • ①出発3日以内にデジタルアライバルカードを登録(毎回必要です。)
  • ②到着時/出国時はオートゲートが利用可能。

  • ※オートゲート利用可能時間:15:00-23:00
  • ※身長が120センチ未満の方はご利用いただけません。
  • 入国時の持ち込みについて

    <酒類の持ち込み>
    マレーシアに入国する観光客/旅行者に対する主な免税範囲は以下の通りです。(72時間以上の滞在に限ります)
    ・酒類:1リットルまで
    ▸ 酒類の持込に関する詳細はこちら
    旅行者に対するその他免税についての情報はマレーシア税関Traveler's Guideをご参照ください。

    <タバコの持ち込み>
    2021年7月1日入国より、タバコは免税品から除外されました。
    現在いかなる形のタバコも課税対象となりますのでご注意下さい。
    ※持ち込みは可能です。

    <薬の持ち込み>
    マレーシアでは麻薬の持込みは極刑となります。
    治療目的の持込に関しては可能な場合がありますので、入国時に医師の診断書(英文)と併せて申請してください。
    ▸ 個人が薬の持込みに関する詳細
    ※CBD(カンナビジオール)オイルや製品も規制品となります。

    <その他持ち込み禁止物>
    マレーシア税関のページをご参考ください。
    ポルノ雑誌、ビデオの所持や持込については旅行者でも厳罰が適用されます。

    外貨/リンギットの持込みについて

    1万USドル(約100万円)以上の外貨の持ち込みには申告が必要です。(税金はかかりません)
    入国審査・荷物受け取り後、税関カウンターにて申告ください。

    妊娠中の方

    各航空会社の規定に従ってください。

    予防接種

    マレーシア入国にあたり、予防接種の義務はありません。コレラや黄熱病の汚染指定地域(アフリカなど)からマレーシアへの入国は予防注射及び予防接種国際証明書が必要です。