2021年11月15日よりランカウイ島トラベルバブル開始更新日:2021年11月22日

パンデミック特別委員会より許可がおり観光目的でのランカウイ島訪問が開始されました。
マレーシア到着までのSOP(手順)については下記の通りです。

対象者条件

・ワクチン接種済である
・18歳以下の場合は親または保護者がワクチン接種済みである事


【該当ワクチンと適用条件】
・ファイザー、アストラゼネカ、シノバック、モデルナ等、2回目接種後14日以上経過している事
・カンシノ、ジョンソンエンドジョンソン等、1回目接種後28日以上経過している事

※対象国はマレーシア保健省入国管理局に従う。日本は対象国となります。
※対象国から出発する方でも以下の方は旅行不可となります。
-新型コロナウィルス感染者
-陽性者の濃厚接触者
-隔離対象者
-熱や咳等の症状がある方

ランカウイ島での滞在

・最低3日間(到着後7日間はランカウイ以外へは移動不可)
・隔離措置免除(ランカウイ島トラベルバブルのみ隔離なし)

旅行代理店手配による旅行であること

旅行社を通じての手配が必要です。
ランカウィ島での滞在中、空港―ホテル間移動、ツアーの他、食事や買い物目的で外出する場合でもガイドを同行させる必要があります。それを含めた全行程で旅行代理店へ手配依頼し旅行を申込みください。国際線の航空券のみご自身での手配が可能です。(現地手配会社はマレーシア観光芸術文化省のライセンスを取得している事)

ツアーガイド

グループ毎にガイド1名必須(グループは20人以下である事)

パスポート&往復航空券

・パスポート有効期限が6ヶ月以上残っている事
・往復の航空券

出発前

新型コロナウイルス感染症COVID-19 RT―PCR検査

出発72時間前までに検査、陰性証明を取得

※ご利用航空会社の規定も必ず併せてご確認ください
※陰性証明はマレー語または英語であり、電子または原本である事

ワクチン接種証明書

英語の証明書(電子または原本)

海外旅行保険への加入

新型コロナウィルスの治療費用の補償US80,000ドル以上を含むもの
海外旅行保険は補償内容が記載されてる英文の書類を旅行時にご携帯ください。提示が必要になる場合があります。

健康申告書

健康申告書フォームはこちらからダウンロード出来ます。
PART AとPART Bの2枚とも記入が必要です。

ビザ

日本国籍の方は90日以内の滞在についてはビザは不要です。
外国籍の方はビザ(査証)が必要な場合があります。

MySejahtera App

空港到着後アプリダウンロード
▸ Android
▸ iOS

マレーシア到着後Langkawi Island International Tourism Bubble Travelerの指定QRコードの読み込み等が必要になります。

到着時

マレーシア到着(入国審査前)

クアラルンプール国際空港(KLIA1)到着時に迅速分子検査(Rapid Molecular Testing)の実施があり、到着から乗り継ぎまでに約4時間必要です。

※テスト結果が出るまでは空港内マレーシア保健省のカウンターでの待機となります。また待機中は配布されるリストバンドの装着が義務付けられます。リストバンドは陰性結果がでたあと破棄できます。
※国際線で直接ランカウイ島に到着する場合は2日目までにPCRテストが必須となります。

陽性と診断が出た場合は症状にあわせて隔離センター、施設施設、私立病院へ移動して頂きます。

PCR検査結果が陰性の場合

入国審査に進み、ランカウイ島への乗り継ぎが出来ます。
入国審査には下記が必要です。
①旅券
②往復航空券Eチケットの控え(印刷)
③旅程表の控え(印刷)(手配旅行会社のライセンス番号が記載されている事、ガイド名や連絡先が記載されている事)

※審査は1人ずつです必要書類は各自ご自身で携帯ください。
※日本国籍以外の方は別途ビザ事前申請が必要となる場合があります。

滞在中のPCR検査

新型コロナウイルス感染症COVID-19 RT―PCR検査

・3日間の旅行であれば到着時または到着2日目のPCR検査が該当する可能性があります。
・5日以上の旅行の場合、5日目に検査
各PCR検査費用は旅行者の自己負担とする。旅行社の手配内容に含まれる場合もありますので各自ご確認ください。

※日本帰国に際して必要な陰性証明証は日本国指定のフォーマットがあります。こちらをダウンロード印刷してご準備ください。
日本外務省ページ 有効な「出国前検査証明」フォーマット

ランカウイ島 出発/帰国時

・帰国72時間前に検査。3日間の旅行であれば到着時または到着2日目のPCR検査が該当する可能性があります。
・5日目のPCR検査が陰性であれば8日目以降はランカウイ島以外への旅行も認められます。その場合はランカウイ島からの移動はフェリー利用も可能となります。

注意事項

1. マレーシア(ランカウイ島)への入国はクアラルンプール国際空港(KLIA1)もしくはペナン経由(降機なし)のみとなります。KLIA2は利用できません。
2. ランカウイ島へは空路のみの移動が認められており船便での移動は認められておりません。
3. ワクチン接種証明書は地方自治体にて取得可能です。取得に必要な所要日数は各自治体へご確認下さい。
4. 日本帰国後は日本政府の定める14日間の自主隔離があります(3日は検疫が指定する場所での隔離)。
5. クアラルンプール国際空港(KLIA1)での手続きが混雑の為想定外の時間がかかり乗継便に間に合わない場合があります。その場合はKLIA1ターミナル内のホテルSama Sama Expressに宿泊可能です。航空券の振替は旅行社・航空会社へご自身にて変更連絡が必要です。マレーシア政府観光局では手配はできません。
6. マレーシアへの入国が認められない場合でもマレーシア政府観光局では一切責任を負いかねます。
7. ランカウイ島トラベルバブルは告知なしに終了する場合がございます。


参照

▸ マレーシア観光芸術文化省のサイト(マレー語)
▸ マレーシア政府観光局(本国)サイト(英語)

日本厚生労働省
▸ 検査証明書の提出について
▸ 水際対策強化に係る新たな措置(19)について