2022年8月1日以降の入国について更新日:2022年8月5日

マレーシア保健省は2022年7月30日に、8月1日以降の入国について以下を発表致しました。

◎2022年8月1日に撤廃となった条件

● 全員
・My Sejahtera アプリ内 Pre Departure Formの入力

● ワクチン未接種・未完了者
・出国2日以内に取得したRT-PCRまたは迅速抗原検査の陰性証明書
・マレーシア入国後24時間以内の迅速抗原検査
・マレーシア入国後5日間の強制隔離

My Sejahtera アプリについて

店舗や施設、ホテル等入店時に提示を求められる場合もありますので、引き続きMy Sejahteraアプリのダウンロード&登録と、ワクチン接種済の方はワクチン接種証明書の取り込みとご持参をお願い致します。




情報元
▸ マレーシア保健省リリース(マレー語)
▸ My Safe Travel (英語) 

◎その他入国についてご案内

入国条件はコロナ以前のものが適用になります。
・日本国籍の方は90日以内の商用・観光目的ではビザ無しで滞在が可能です。
・入国時パスポートの残存有効期限が6か月以上必要です。
・90日以内にマレーシアを出国する往復の航空券が必要です。

◎マレーシア滞在中のご注意

・一部の店舗や施設ではMy Sejahteraアプリ上のリスクステータスの提示が求められます。画面に「High Risk」「HSO」が表示されている場合、入店・入館を断られる事がありますのでご注意下さい。
・マレーシア滞在中陽性となった場合、原則として7日間の隔離となりますが、4日目に医療機関での抗原検査(RTK-AG)を受け陰性を確定すれば隔離が終了します。滞在中の費用はご自身負担となりますので、海外旅行保険の加入をお勧め致します。


マレーシア出発

日本帰国の場合、マレーシア出国72時間以内のPCR検査の陰性証明書が必要です。
※日本政府所定の検査証明書があります。
 予め印刷してご準備下さい。詳細は厚生労働省Webサイトにある検査証明書の提出についてをご確認ください。
※厚生労働省所定フォーマット対応可能クリニックを一部紹介しております。
 帰国前PCR検査を実施している病院(抜粋)リストはコチラ


検査予約代行サービス

現地旅行会社では、帰国用のPCR検査代行サービスを行っています(有料)。
ご自身で予約手配が困難な場合は旅行会社へご相談下さい。

JTBマレーシア(対応都市:クアラルンプール、ペナン、ランカウイ、コタキナバル)
▸ HISマレーシア(対応都市:クアラルンプールコタキナバルクチン
ウェンディーツアー(対応都市:クアラルンプール、ペナン、コタキナバル)



関連サイト

▸ マレーシア保健省COVID-19サイト
▸ マレーシア保健省公式Twitter
▸ My Safe Travel
▸ My Sejahtera


注意点

※マレーシアへの入国が認められない場合でもマレーシア政府観光局では一切の責任を負いかねます。
※情報は予告なしに変更となる場合がありますので、必ず最新情報をご確認下さい。