ワンポイント情報

「何をもっていけばよいか?」「現地ではどのようなことに気をつければよいか?」といった、教育旅行でマレーシアを訪れる際のワンポイントアドバイスをまとめました。

事前の準備・持っていくもの

ビザ(査証)

日本のパスポートを保持する場合は入国時パスポートの残存有効期限が6ヶ月以上あればビザ(査証)無しで90日まで滞在する事が可能です。日本以外の国籍の場合はビザが必要になる場合がありますので必ず確認してください。ビザは入国前に必ず取得しておく必要があります。※シンガポールからジョホールバルへの短時間の一時入国でも例外にはなりませんのでご注意ください。
※アフリカや中南米の国籍を有する方は、入国時黄熱病予防接種証明書が必要となる場合がありますので合わせて確認してください。

予防接種

マレーシアを旅行するにあたり、特別な予防接種は不要です。

服装

赤道付近にあり熱帯性気候のマレーシアは一年中夏。服装は日本の夏服を用意してください。外は湿度も高いので、風通しの良い涼しい服装がお薦めです。一方で建物や店舗の中は冷房が強く効いているので上に羽織れる上着を1着持っていると安心です。イスラム教の国ですが観光客には寛大ですので、女性も日本で着用している夏服で問題ありません。

携帯品

赤道が近く日中は日差しが大変強いので、外にいる時間が長いなら日焼け止めや帽子を必ず持参してください。訪問する場所によっては虫よけスプレーの用意を。日本の虫除けで大抵の虫は防げます。あると便利なのはティッシュペーパーやウェットティッシュ。手を拭く以外にも汗を拭いたり食事の際に手を拭いたりと持っていると便利です。

かばん

携行品を入れるバッグは防犯上ファスナー等で口を留められるタイプが望ましいです。リュックタイプは、背負うのでなく前に抱えるのがお薦めです。

電圧&プラグ

マレーシアの電圧は220-240V。日本で販売されている多くの携帯電話やデジタルカメラの充電器は240Vまで対応可能なので、変圧器の用意は不要です。しかしマレーシアのプラグはBFタイプで日本とは異なりますので充電には変換プラグが必要です。

おこづかい

マレーシアの物価は全体的に日本より安い為、お小遣いも物価に合わせて検討するのが良いでしょう。ミネラルウォーターは500mlでRM2(50-60円)前後。主要都市にはスターバックスをはじめとした国際的チェーンのコーヒーショップもありますが、おおよそ日本価格より2割安い程度。街中のフードコートでは麺料理の単品はRM10(約270円)程度で食べる事ができます。

 

現地でのアドバイス

パスポート

パスポートは帰国に大変重要な書類で、紛失すると再発行しない限り日本には帰国できません。必ずホテルのセーフティボックス等に預け、持ち歩かない様にしましょう。

<パスポートを紛失した場合>

マレーシアでは紛失した場合、まず在マレーシア日本大使館で再発行の手続きをした後プトラジャヤにある入国管理局にて滞在許可事実の確認手続きをしたら帰国可能となります。 再発行には数日かかる場合がありますので注意しましょう。

マナー

握手

マレーシアでも握手は一般的な挨拶ですが、左手は「不浄の手」とされているので、挨拶には必ず右手を使い、左手を出さない事を徹底しましょう。

モスクや寺院見学

イスラム教のモスクや寺院を見学する際は、そこが神聖な場所であることを忘れずに。モスクでは女性は肌を出してはいけないので貸し出されるローブで体と髪を覆います。男性でもひざ上のズボンや袖なしシャツの場合もローブ着用が義務付けられています。
一部のヒンドゥー教寺院や中国寺院でも膝が見える服の場合はレンタルのスカーフやスカートを着用する場合があります。

お宅訪問

マレーシアでも一般家庭を訪問する際、日本と同様玄関で靴を脱いで家に入ります。

生水や水道水はそのままでは飲めません。ホテルの客室に備え付けのポットで一度沸騰させれば飲む事が可能です。心配な方はミネラルウォーターを飲むようにしましょう。ミネラルウォーターはコンビニや売店で気軽に購入でき、500mlでRM2(約50-60円)前後。

トイレ

マレーシアでは紙を使わず水で流すのが伝統的なスタイル。ホテルやショッピングセンター内のトイレは日本と同じ方法の使用が可能ですが、一部の観光地の公共トイレでは利用が有料(30-50セン程度)だったり紙が無い場合もありますので、水に溶けるティッシュペーパーやウェットティッシュを用意しておくと安心です。

インターネット/WiFi/携帯電話

インターネット回線はホテルに備え付けられている事が多いですが有料の場合もあるので注意しましょう。無料のWiFiも街中では一部のカフェやレストランのみとなります。