ホーム(カンポン)
ステイ/ビジット

マレーシアの修学旅行でも人気のプログラムの1つがホーム(カンポン)ステイ/ビジット。生徒が村(カンポン)の一般家庭に一緒に滞在し、マレーシアの日常生活や文化や習慣を体験するプログラムで、生活習慣や体験に重点を置いたプログラムです。

マレーシアホームステイのポイント

1. UNWTO(世界観光機関)ユリシーズ賞を受賞

観光客だけでなく地域の活性化や経済効果にも多大な効果をもたらしたとして、画期的な観光政策を表彰する、UNWTO(世界観光機関)のユリシーズ賞を2012年に受賞しました。

2. 大家族のあたたかみと一生の思い出

都心部では近代化や核家族化が進む反面、郊外のカンポンには今でも大家族の暮らしが残っており、兄弟の役割や家族ぐるみでのご近所づきあい等大家族ならではの暮らしのあり方やあたたかみを感じられます。観光旅行では出来ない一般家庭への訪問は一生の思い出になるでしょう。

3. 全国に357村

現在、滞在可能な村(カンポン)は全国に357村、宿泊可能な家庭は4025軒あり、日本からは2018年は1月-8月で4,706人を受け入れています。

4. マレーシア観光芸術文化省の基準をクリア

マレーシア観光芸術文化省の基準をクリアした訪問可能な村や家庭のみが受入れ可能なので衛生面も安心です。 全国のカンポンリスト(PDF)

1日の流れ(※イメージ)

6:00 起床、シャワー、朝食
7:00 子供たち:学校へ、大人:仕事
文化や自然体験など
12:00 昼食
13:00 子供たち:学校へ、大人:仕事
文化や自然体験など
19:00 シャワー、夕食、団らん
22:00 就寝
  • 伝統家屋
    伝統家屋
  • リビングルーム
    リビングルーム
  • 食事
    食事
  • ベッドルーム
    ベッドルーム
  • ゲームや体験など
    ゲームや体験など
  • おかあさんたち
    おかあさんたち

体験できるアクティビティ

伝統的なゲーム、民族衣装体験、トラディショナルウェディング、家庭料理、伝統手工芸、伝統舞踊、伝統楽器、 ネイチャーアクティビティ等、地域によって体験できるアクティビティは異なります。訪問都市や目的によっての村選びをお薦めします。

  • 伝統ゲーム
    伝統ゲーム
  • 伝統舞踊
    伝統舞踊
  • 模擬結婚式
    模擬結婚式
  • 家庭料理
    家庭料理
  • 伝統手工芸
    伝統手工芸
  • 植樹体験
    植樹体験
  • 伝統楽器演奏
    伝統楽器演奏
  • 農業体験
    農業体験
  • 自然体験
    自然体験

 

よくある質問

Q
1度の訪問で何人程度受入れが可能ですか?
A
村によって異なりますが、1度に100人~300人程度の受け入れが可能です。宿泊の場合は1つの家に生徒2-3人でステイするのが一般的です。
Q
平均的な滞在日数はどのくらいですか?
A
半日~1泊が最も多く、長くても3泊程度が一般的です。
Q
村や家では何語を話しますか?
A
主にマレー語と英語です。日本語は通じませんが、英単語やジェスチャーでも通じますので心配はありません。
Q
特別に持っていった方が良いものはありますか?
A
滞在時間が長い場合、日本の文化を紹介できるもの(観光地の絵はがきや折り紙等)を持っていきコミュニケーションを深めるのも良いでしょう。