ケーススタディ

過去にマレーシア修学旅行を実施した行動学校の事例を紹介します。

—2017

国際理工情報デザイン専門学校

「学生たちを未知の環境である海外に送り込んでタフネスを養う」という校長の思いが発端となり、ダイナミックな国の成長ぶりや多民族による異文化共生など学ぶことが多いマレーシアに白羽の矢がたちました。 10年間一貫してマレーシアへの「ミニ留学」を実施し、学生のタフネスを養っています。
日程:2017年
訪問都市:クアラルンプール、マラッカ

啓明学院中学校・高等学校

他国と隣接するマレーシア。国境越えを体験することで国際理解の出発点となる「国境」について生徒が考えるきっかけとなりました。多民族・他宗教国家であるマレーシアは、馴染みのない文化に抱きがちな偏見や関心の薄さを克服し、異文化への理解力を鍛え、世界と共に生きる人間形成に多大な影響をあたえる修学旅行先です。
日程:2017年
訪問都市:クアラルンプール、マラッカ、シンガポール

2012—2008

東海大学観光学部

東海大学観光学部
2010年に新規開設された観光学部の当時最高学年であった3年生の希望者を募り、マレーシアでの研修ツアーを実施。旅行博や観光資源の視察から、イン&アウトバウンド状況と対策を学ぶとともに、コミュニケーションを通じて英語学習意欲を高めました。
日程:2012年9月4日~8日
訪問都市:クアラルンプール、マラッカ

北海道ニセコ高等学校

北海道ニセコ高等学校
地元ニセコ町でリゾート施設を運営するYTL社との縁でマレーシア見学旅行を実施。YTL社が現地で運営しているホテルスクールとの交流や視察を通して、生徒たちの視野の拡大や、地域交流と友好という観点で大きな成果を生みました。
日程:2011年10月30日~11月3日
訪問都市:クアラルンプール

文京学院大学女子中学高等学校

文京学院大学女子中学高等学校
2002年から実施し、通算10度となるマレーシアでの修学旅行。カンポンビジットや学校交流を通じて、生徒たちに真の豊かさや世界の繋がりについて実感し、コミュニケーションツールとしての英語の必要性を学ぶ事で大きな成果を生みました。
日程:2011年2月25日~3月2日
訪問都市:クアラルンプール、マラッカ

酒田南高等学校

酒田南高等学校
山形県にある酒田南高等学校ははじめてマレーシアを海外修学旅行の訪問先としました。他国を知ることで、自国を知ることができた事、そしてそれによる生徒たちの視野の広がりが確認できた事で大きな成果を生みました。
日程:2010年11月14日~19日
訪問都市:クアラルンプール、クアラルンプール近郊

神奈川県立座間総合高等学校

神奈川県立座間総合高等学校
2つの高校が再編統合してできた学校で2度目となるマレーシアへの修学旅行。海外へ出る事により、生徒一人ひとりが自己管理というものを強く意識し、文化や生活習慣の違いを学ぶことで大きな成果を生みました。
日程:2010年9月25日~29日
訪問都市:クアラルンプール、マラッカ

神奈川県立横浜平沼高等学校

神奈川県立横浜平沼高等学校
英語教育の観点だけでなく、宗教や文化の面でも学習素材としての面白さがある点からマレーシアを選択。B&Sプログラムやカンポンビジットを通じて異文化交流、国際社会への理解に大きな成果を生みました。
日程:2009年10月20日~10月24日
訪問都市:クアラルンプール、クアラルンプール近郊、マラッカ

大阪府立久米田高等学校

大阪府立久米田高等学校
創立30周年を機に再び海外修学旅行実施について検討した結果、安全面、多文化共生社会の魅力からマレーシアを選択。クアラルンプール市内とカンポンビジットや森林研究所を通じて民族の共生を体感。国際教育に大きな成果を生みました。
日程:2008年12月11日~15日
訪問都市:クアラルンプール周辺

南京都高等学校

南京都高等学校
初めての海外修学旅行にマレーシアを選択。出発前日に関西国際空港周辺で宿泊事前学習を取り入れたり、ホームビジットを通じて異文化交流への意識の向上に成果を生みました。
日程:2008年11月28日~12月2日
訪問都市:マラッカ、シンガポール

京都府立山城高等学校

京都府立山城高等学校
新設の文理総合学科第一期正生の修学旅行先として、語学力とグローバルな視野を備えた人材育成に役立つという観点からマレーシアを選択。マラヤ大学の学生との交流を通じて国際社会への理解を深めました。
日程:2008年11月28日~12月2日
訪問都市:クアラルンプール周辺

大阪府立高槻北高等学校

大阪府立高槻北高等学校
初めての海外修学旅行に異文化交流ができる国としてマレーシアを選択。ジョホールバル郊外のカンポンを訪れ、人々との交流を通じて、豊かな人間性が培われました。
日程:2008年10月28日~11月1日
訪問都市:ジョホール州、シンガポール

神奈川県立伊志田高等学校

神奈川県立伊志田高等学校
国際理解教育と英語教育の視点から数カ国を比較したところ、英語が通用し、異文化体験が可能、それに加え自然体験できる事でマレーシアを選択。ホームビジットや学校交流を通じて、現地の人々とコミュニケーションを取れた事で、異文化交流、英語に対する意識の向上などの成果を生みました。
日程:2008年10月26日~30日
訪問都市:クアラルンプール、テメロー(パハン州)

群馬県立高崎北高等学校

群馬県立高崎北高等学校
2008年に初めてマレーシア修学旅行を実施。ガイドやアシスタントを付けず、生徒たちだけで街観光をしたり、学校交流を通してコミュニケーション力や英語の大切さを学ぶ事で大きな成果を生みました。
日程:2008年10月11日~15日
訪問都市:クアラルンプール、クアラルンプール近郊

大阪府立能勢高等学校

大阪府立能勢高等学校
大阪府青少年財団の交流事業がきっかけで、マレーシアに注目。修学旅行の目的を体験と交流に焦点をあて、学校交流やカンポンビジットを通じて現地の人々との親睦を深めることができました。
日程:2008年2月/3泊5日
訪問都市:クアラルンプール、クアラルンプール近郊、マラッカ

 

2007—2004

神奈川県立大和西高等学校

神奈川県立大和西高等学校
文部科学省からスーパーイングリッシュ・ランゲージ・ハイスクールの研究校に指定されている同校はアジアで広い国際感覚を養いたいという目的でマレーシアに注目。学校交流と現地学生ガイドと巡る市内班別行動を通じ、国際理解を深めることに成功しました。
日程:2007年11月/3泊5日
訪問都市:クアラルンプール

愛知県立豊田東高等学校

愛知県立豊田東高等学校
国際感覚を養う目的として、日本から比較的近いマレーシアに注目。学校交流や市内視察を通じ、英語の重要性と世界に対する視野の拡大に成功しました。
日程:2007年11月/3泊5日
訪問都市:クアラルンプール

兵庫県立夢前(ゆめさき)高等学校

兵庫県立夢前(ゆめさき)高等学校
日本と全く違う環境を求め海外修学旅行を続けている同校は、大自然豊かなボルネオ島に注目。海・山・ジャングル、カンポンビジット等の体験を通じ異文化体験と想像をはるかに超える大自然を実体験することができました。
日程:2007年10月/3泊5日
訪問都市:ボルネオ島サバ州

盈進(えいしん)高等学校

盈進(えいしん)高等学校
コミュニケーションスキルの向上を目的に実施している国際理解フィールドワークに、他民族国家であり、民族の共存に成功しているマレーシアを選択。「目に見えないもの」について考える姿勢を身に付ける事を学び、成果を得ました。
日程:2007年8月/3泊5日
訪問都市:クアラルンプール、クアラルンプール近郊、コタキナバル

京都教育大付属高等学校

京都教育大付属高等学校
今回で4度目となる京都教育大学付属高等学校は、治安や衛生面等から マレーシアに注目。現地での森林研究や学校交流をすることにより、多民族共存の重要性を再認識し、生徒たちの将来に大きな意味を持つことができました。
日程:2007年7月23日/3泊5日
訪問都市:クアラルンプール、クアラルンプール郊外

兵庫県立伊川谷高等学校

兵庫県立伊川谷高等学校
他民族理解や民族共存の成功国としてマレーシアに注目。「ふれあいから得られる宝物」を1番の目的にし、自然な形で人々と交流できるプログラムを構成。交流を通じて生徒が他民族を理解することを学び、成果を得ました。
日程:2006年11月/3泊5日
訪問都市:クアラルンプール、クアラルンプール近郊

金沢学院東高等学校

金沢学院東高等学校
異文化を体験することにより、日本の良さ、そして故郷石川の再発見に繋げる目的で海外修学旅行を実施。多民族国家であるマレーシアを目的地として選択。カンポンビジットやバティック体験を通じ異文化交流し、成果を生みました。
日程:2006年11月/4泊6日
訪問都市:マラッカ、クアラルンプール周辺

北星学園大学付属高等学校

北星学園大学付属高等学校
民族や宗教を越え共存している多民族国家であり、歴史的背景から平和の重さについて深く学べるという目的でマレーシアを選択。現地校との学校交流を通じコミュニケーションの大切さ、そして平和の大切さについて学び、成果を生みました。
日程:2006年11月/5泊7日
訪問都市:クアラルンプール周辺、マラッカ、ジョホールバル

神奈川県立上矢部高等学校

神奈川県立上矢部高等学校
修学旅行を「体験学習」と位置付ける同校では、初めての海外修学旅行を「異文化体験」を主な目的とし、多民族国家で異文化体験が可能であるマレーシアを選択。5つのコースに分かれての体験学習を通じ、直接異文化を体験し、積極性や英語に対する意識の向上などの成果を生みました。
日程:2006年10月/3泊5日
訪問都市:クアラルンプール周辺、バンゲリス村

京都府立堀川高等学校

京都府立堀川高等学校
初めての海外修学旅行先として、「環境」をテーマとしフィールドワークの目的地としてマレーシアを選択。飛行機・宿泊・安全の半分を学校が用意し、残りの安全の半分と研修内容は生徒に任せ自主性を育てるという考えのもと、ネイチャーコース、カルチャーコースに別れ学習し、生徒の自主性を引き出すことで成果を生みました。
日程:2006年2月/3泊5日
訪問都市:コタキナバル、クアラルンプール周辺

兵庫県立須磨友が丘高等学校

兵庫県立須磨友が丘高等学校
海外研修旅行を将来の進路分野を見つける為のきっかけ作りと考える同校では政治的な安定性、安全度や親しみやすい国民性を検討し、マレーシアを選択。カンポンビジットや体験学習を通じて、生徒自身が人の心や家族の絆、真の国際理解や平和について感じ取る事で大きな成果を生みました。
日程:2005年1月/3泊5日
訪問都市:クアラルンプール、テメロー村、マラッカ

神奈川県立藤沢工科高等学校

神奈川県立藤沢工科高等学校
物づくりを教育の柱のひとつに据える同高校では、「創る」「異文化」をキーワードに初めての海外修学旅行先を検討した結果、マレーシアを選択。建築・デザイン・生産技術など、生徒の専門科目に応じた見学先を設定したことが高い教育効果につながり、今後もマレーシア修学旅行を継続する方針が打ち出されました。
日程:2004年12月/4泊5日(機中1泊)
訪問都市:クアラルンプール周辺

神奈川県立保土ヶ谷高等学校

神奈川県立保土ヶ谷高等学校
初めての海外修学旅行先として、国際感覚を伸ばすとともに世界の中の日本の役割について学ぶことを目的にマレーシアを選択。青年海外協力隊OB・OGとの交流会など実践的な事前学習のもと、現地ではホームビジットを通じた地元の人々との交流を中心に、直に触れる異文化体験を実施したことで大きな成果を生みました。
日程:2004年10月/4泊5日(機中1泊)
訪問都市:クアラルンプール周辺

文京学院大学女子高等学校

文京学院大学女子高等学校
早くから海外修学旅行を実施してきた同高校では、費用の低廉化や英語圏といった条件を満たすことから2002年度より渡航先をシンガポール・マレーシアへ変更。「真のアジアに触れる」ことを目的に、学校交流・ホームビジット・文化体験等のコース選択制を導入し、生徒の気持ちを尊重したプログラムが高い評価を得ました。
日程:2004年2月/5泊6日(機中1泊)
訪問都市:クアラルンプール、マラッカ、ジョホール・バル