サバ&コタキナバルトップ    コタキナバル市内    コタキナバル近郊のアクティビティ    その他の地域の見どころ    「森の人」オランウータン  
   
「森の人」オランウータン
マレーシア語で「オラン」は「人」、「ウータン」は「森」という意味。その言葉どおり、ボルネオの熱帯雨林を舞台に生きるオランウータンのことを、もっと知ってみませんか?

オランウータンってどんな動物?
オランウータンはボルネオ島とスマトラ島の熱帯雨林だけに生息する類人猿です。とても賢い動物で、チンパンジーと並んでヒトに次ぐ知能の持ち主といわれます。体はオレンジ色がかった毛が特徴で、強い成獣のオスには顔のまわりにフランジと呼ばれる出っ張りがあります。オランウータンの生活は他の類人猿とはちがって、群れを作ることはなく、めったに地上に降りることがありません。毎日樹上に新しい寝床を作り、広い森の中を移動しながら暮らしています。食べ物は木の実やフルーツが中心で、特にドリアンが大好物なのだそうです。

オランウータンは今・・・
森と共に生きるオランウータン。しかし現在その数は激減し、野生のオランウータンは現在15,000~25,000頭ほどと考えられています。原因は森林伐採やプランテーション作物への植替えのために、オランウータンが暮らす森が急速に消えてしまったから。ほかに、ペットとして売買するため子供のオランウータンを狙った密猟も減少の一因といわれます。このまま棲みかや親を失ってゆけば、オランウータンが絶滅してしまう可能性も否定できないのが現状です。

再び自然に帰るためのプロジェクト
オランウータンを絶滅の危機から救うため、サバ州では様々な取り組みが実施されています。 その筆頭がサバ州北部のサンダカン郊外にある「セピロック・オランウータン・リハビリセンター」です。ここでは、森でケガを負ったり親とはぐれたオランウータンを保護し、再び森で生活してゆくためのリハビリ活動をしています。センターでは1日2回、半野生状態のオランウータンの食事タイムを見学することができます。オランウータンの保護と自立のための施設ですので、旅行者が触ったり餌を与えることはできません。マナーを守って静かに見守りましょう。

セピロック・オランウータン・リハビリテーション・センター
開園時間:9:00~16:30(餌付けは10:00/15:00)
料金:大人RM30 子供RM15 カメラ・ビデオ持込RM10
*サラワク州にもオランウータン保護区があります。

▲ページトップへ
※上記情報は2016年2 月現在のものです。情報は予告なしに変更となる場合がございます。