• その他の地域

    サバ&コタキナバル
    その他の地域

  • その他の地域

    サバ州内にあるその他地域のレジャースポットやカルチャー体験などをご紹介します。

サバ州西部&南部

ラフレシア・インフォメーションセンター

Rafflesia Information Centre
ラフレシア・インフォメーションセンター

世界最大の花・ラフレシアが自生する保護林内にある施設です。ラフレシアは大きなもので直径1mもあり、開花期間は1週間ほど。常時咲いているとは限りませんが、トレッキングコースで散策も楽しめます。

開園時間:
8:00~15:00(ガイドツアーは14:00まで)
入園料金:
ガイドツアー(1グループあたり/最大6名) RM30
アクセス:
コタキナバルから車で約1時間

クロッカー山脈国立公園

Crocker Range Park
クロッカー山脈国立公園

キナバル山の南を縦断するクロッカー山脈に位置し、ラフレシアやウツボカズラなどの植物をはじめ、野鳥や昆虫が数多く生息しています。園内にはトレッキングやキャンプのため環境が整えられているので自然学習にも最適です。詳しくはこちら

ラブアン島

Pulau Labuan
ラブアン島島

ブルネイ湾に浮かぶ連邦区。ラブアン島とその周辺の6つの島から成っています。島の周辺はダイビングスポットが数多くあり、ダイビングの島として知られているほか、太平洋戦争関連の記念碑や日本軍の弾薬庫跡、建てられた理由が謎のままの「煙突」など、見所が多々あります。

アクセス:
コタキナバルからフェリー又は飛行機
WEBサイト:
ラブアン島観光局

サバ州北部

ティップオブボルネオ

Tip of Borneo
ティップオブボルネオ

“ボルネオの先端”という意味の通り、サバ州北部のクダットにあるボルネオ最北端の美しい岬です。近くには静かなビーチが広がる風光明媚なエリアです。

アクセス:
コタキナバルから車で約3時間半

ルングス族ロングハウス

Rungus Longhouse
ルングス族ロングハウス

ルングス族はサバ州北部に暮らす先住民族で、伝統的なロングハウス(長屋)に数家族が同居しています。旅行者に公開されているババンガゾ村のロングハウスでは、ルングス族の手工芸作りの様子や舞踊を見学することができます。

アクセス:
コタキナバルから車で約3時間
  • オプショナルツアーでご参加ください。
入場料金:
RM5

ゴング工場

Gong Factory
ゴング工場

ゴングとは伝統的な打楽器のことで、クダット地方は古くから製造が盛んな土地。スマンカップ村のゴング工場では、職人の手による製造工程を見学できます。

アクセス:
コタキナバルから車で約2時間
営業時間:
8:30~17:30
入園料金:
大人RM5 子供RM3(6才未満無料)

サバ州東部

  • サバ州東側の島嶼部および周辺海域並びに一部のサバ州東海岸に外務省の渡航中止勧告が出ております。ご旅行される際は現地の情報をしっかり確認し、自己責任のもとご旅行下さい。
    WEBサイト:外務省海外安全ホームページ

セピロック オランウータン リハビリセンター

Sepilok Orangutan Rehabilitation Centre
セピロック オランウータン リハビリセンター

森で傷ついたり、親とはぐれたオランウータンを保護し、再び野生へ戻す活動が行われています。1日2回(10時と15時)の食事時間には半野生状態のオランウータンの様子を間近で見学出来ます。自然へ戻す為の施設ですので、オランウータンを触ったり抱っこする事は出来ません。

アクセス:
サンダカンから車で約45分。ツアーで参加するのが一般的です。
営業時間:
[土-木]9:00~12:00/14:00~16:00、[金]9:00~11:00/14:00~16:00
入園料金:
大人RM30 子供RM15 カメラ・ビデオ持込RM10
餌付け時間:
10:00/15:00

キナバタンガン川クルーズ

Kinabatangan River Cruise
キナバタンガン川クルーズ

全長560km、サバ州最長の川であるキナバタンガン川流域をボートに乗り野生動物観察を楽しむジャングルクルーズ。テングザル以外にも運が良ければオランウータンやボルネオゾウを見られるかも!?詳しくはこちら

タートルアイランド公園

Turtle Island Park
タートルアイランド公園

サンダカン沖40kmに位置する3つの島から成る海洋公園で、宿泊施設のあるセリンガン島ではほぼ毎晩ウミガメの産卵を見る事が出来ます。

  • 訪問には事前に許可申請が必要です。
詳しくはこちら

WEBサイト:
サバパークス
訪問許可問合せ:
クリスタル・クエスト

ラブックベイ・テングザル・サンクチュアリ

Labuk Bay Proboscis Monkey Sanctuary
ラブックベイ・テングザル・サンクチュアリ

マングローブ林に囲まれたラブック湾にあり、ボルネオ島固有種のテングザルを間近に見られます。1日2回の餌付け時間には、数多くのテングザルがプラットホームに集まります。リバークルーズでは見る事が難しい、テングザル特有のユーモラスな顔や体つきを間近で見られるのはここだけ。

アクセス:
サンダカンから車で約1時間
WEBサイト:
ラブックベイ・テングザル・サンクチュアリ

ボルネオ・サンベアー・コンサベーションセンター

Borneo Sun Bear Conservation Centre
ボルネオ・サンベアー・コンサベーションセンター

セピロック・オランウータン・リハビリセンターの隣にあるマレーグマの保護、リハビリ、調査施設です。ペット目的や漢方薬目的の乱獲により生息数が減少しているマレーグマの保護をしています。ぬいぐるみのように可愛らしく動く様子を見られます。

アクセス:
サンダカンから車で約45分
WEBサイト:
ボルネオ・サンベアー・コンサベーションセンター

ダナン・バレー

Danum Valley
ダナン・バレー

世界最古の熱帯雨林が残り、ボルネオ島随一の野生動物の宝庫として知られ、深い森の奥にはオランウータン、ボルネオゾウ、ウンピョウなどの野生生物が生息しています。サファリに参加して動物観察に出かけたり、キャノピーウォークや川下り等アクティビティが豊富なので2泊以上の滞在がお薦めです。詳しくはこちら

アクセス:
コタキナバルからラハ・ダトゥまで飛行機で約55分。ラハ・ダトゥから車で約2時間
WEBサイト:
ダナン・バレー自然保護区

タビン野生生物保護区

Tabin Wildlife Reserve
タビン野生生物保護区

1200㎢もの広大な熱帯雨林が保護区となっており、ボルネオゾウ、スマトラサイ、マレーグマ等の希少動物が生息する事で知られています。ジャングルに湧き出す泥火山(マッド・ボルケーノ)へのトレッキングや隣接するプランテーション沿いに動物を探すナイトドライブ、野鳥観察などのアクティビティがあります。詳しくはこちら

アクセス:
コタキナバルからラハ・ダトゥまで飛行機で約55分。ラハ・ダトウから車で約1時間半。
WEBサイト:
タビン野生生物保護区

シパダン島とセレベス海の島々

Pulau Sipadan and other islands in Celebes Sea
シパダン島とセレベス海の島々

セレベス海に浮かぶシパダン島周辺は世界中のダイバーを虜にした世界でも屈指のダイビングスポット。現在シパダン島は環境保護の為上陸不可ですが、島の周辺でのダイビングが可能。近くにあるマブール島、カパライ島、マタキング島、ポンポン島のリゾートに宿泊しダイビングをするのが一般的です。詳しくはこちら

アクセス:
タワウ空港からセンポルナまで車で約1時間。その後ボートで各島へ約40分~1時間

※上記情報は2019年2月現在のものになります。