モデルプラン お手軽大自然満喫 コタキナバル&サンダカン 3日間  
プランのポイント
1.子供連れでも大丈夫な初心者コース
2.オランウータンが見られる
3.世界自然遺産・キナバル山を見る
4.めずらしい動植物を見る

 

1日目 キナバル山 2日目 KK→サンダカン 3日目 サンダカン→KK
1日目
朝
富士山より高いキナバル山を見に行こう
アクセス
車で コタキナバルから車で 約2時間

キナバル山 ~様々な伝説の残る山~
標高4095mのキナバル山は東南アジアで最も高い山。登山には2泊必要だけど、 麓を散策するだけでも珍しい蘭や小動物を見る事が出来ます。キナバル山は古くから 先住民族に「精霊が宿る山」と崇められ、様々な伝説が伝えられています。

まるで空中散歩!? キャノピーウォーク
もともとは高い所の植物を観察するために作られた吊り橋。今では観光客の人気のアクティビティとなっています。地上40mのつり橋から見る風景は自然の偉大さを感じます。

マレーシアで温泉!? 足湯で疲れを癒す
トレッキングで疲れたら麓にある温泉で疲れを取りましょう。温泉と言っても日本のものとは事なり、通常は水着を着て入ります。歩き疲れた足を癒すのには最適です。

 
運が良ければ見られるかも!? 世界最大の花・ラフレシア
世界一大きい花であるラフレシアには、開花のシーズンはありません。と言う事は1年中 いつでも開花します。ですがつぼみの時期が9ヶ月~13ヶ月で開花期間が5日~1週間と 短く、見る事が出来るのは本当にラッキーです。
 

2日目
朝
オランウータンに会いに行こう
アクセス
車で KK(コタキナバル)から飛行機でサンダカンへ約30分

セピロック・オランウータン リハビリセンター
~傷ついたオランウータンを森へ帰す~
親とはぐれたり、森で傷ついたオランウータンを再び野生へ戻す活動をしているセンター。普段は自由に行動しているオランウータンが見られるのは1日2回(10:00/15:00)の餌付けの時間だけ。ただし、敷地内の大半のエリアがオランウータンの活動エリアなので、偶然遊歩道に出て来るかもしれません。

 
オランウータンは抱っこできません!!

自然に帰すための施設なので、一般の人は餌をやったり触ったりする事はできません。静かにあたたかく見守ってあげましょう。

<コタキナバルで見られる場所>
シャングリラ・ラサ・リアリゾート内自然保護区
サンダカンまで行く時間がない人は、シャングリラ・ラサ・リアリゾートにある自然保護区 でもオランウータンの観察が可能です。ただし定員制/要予約となっていますので、事前に 確認を。

朝
魅惑のアニマルワールドへ出かけよう
運が良ければ見られるかも!? 世界最大の花・ラフレシア
キナバタンガン川は全長560kmのサバ州一長い川です。その下流域では、ボルネオ島にのみ生息するテングザルやボルネオゾウが見る事が出来る野生動物の宝庫。川を下りながらゆっくりボルネオの動物をウォッチングしてみましょう。
会えるかもしれない動物たち
テングザル
天狗の様な鼻が特徴のボルネオ島にのみ生息するサル。オスザルは何匹ものメスザルを連れている事が多いので、オスザルを見つけたら注意深く周囲を見てみましょう。
ホーンビル(サイ鳥)
くちばしの上にあるサイのような角が特徴の鳥。マレーシア全土に分布していますが、ボルネオではオレンジ色の角を持ったサイ鳥を見る事が出来ます。お隣のサラワク州では「聖なる鳥 」として州鳥にも定められています。
ピグミーエレファント
ボルネオゾウと呼ばれるボルネオの固有種。滅多に人前に出てくる事はありませんが、見られたら本当にラッキーです!!
 

 

3日目
朝

ゴマントン・ケイブ
高級食材として有名なツバメの巣が取れる事で有名な洞窟。内部は険しい洞窟になっており、その昔、巣を採取するために多くの人が命を落としたと言われています。現在は一般観光客の為に遊歩道が整備されていますので気軽に洞窟体験ができます。

アクセス
車で サンダカンから飛行機でKK(コタキナバル)へ約30分
自分も参加出来ちゃう!? 民族舞踊ショー付夕食
せっかくだから、民族舞踊ショーを見ながら夕食を楽しみましょう。 サバ州には30を超える部族が住んでおり、民族舞踊ショーでは、各部族の踊りを披露しています。ショーが終わったと思ったらダンサーが客席へ・・・?何とダンサーと一緒に踊りが踊れるんです。旅の思い出に是非参加してみては?
 

※上記情報は2009年11月現在のものです。内容や情報は予告なしに変更となる場合がございます。 ページトップへ