ロングステイinマレーシア

住みたい国11年連続世界第1位

ますます関心が高まる海外ロングステイ。マレーシアは11年連続で「ロングステイ希望滞在国」1位に選ばれました。ここではマレーシアでのロングステイの魅力と長期滞在ビザの概要をご紹介します。
※2006~2016 ロングステイ財団調べ

住みたい国11年連続世界第1位

マレーシアが選ばれる理由と滞在可能な期間

1年を通じて温暖な気候

赤道近くに位置し常夏のマレーシアは日中の平均気温が30度前後と温暖な気候なため、冬の寒さや花粉の心配なく過ごせます。

親日的で居心地の良さ

親日的な国民と穏やかな国民性で皆親切。多民族国家の為外国人でもすんなり受け入れてくれます。

ブロークンな英語でも意志疎通が出来る

国語はマレー語ですが英語が広く使われていますが、英語は公用語ではないので、「きちんとした英語を話さなければいけない」というプレッシャーがありません。ジェスチャーを交えて意志疎通が出来るのも居心地が良い理由の1つです。

日本人はパスポートで90日まで滞在が可能

日本人は特別なビザが無くても、1度の観光・商用目的の入国で最長90日まで滞在が可能です。
(※入国時6か月以上のパスポート残存有効期間があり、かつ90日以内に帰国又は第三国に移動する航空券を有する場合)

最大10年滞在可能な長期滞在ビザを政府が発行

連続して90日以上マレーシアに滞在する場合には「マレーシア・マイ・セカンドホーム(MM2H)ビザを取得する必要があります。このビザを取得すると最長10年マレーシアに滞在することが可能です。

マレーシアが選ばれる理由と滞在可能な期間

マレーシアが選ばれる理由と滞在可能な期間