ロングステイ in Malaysia

よくある質問Q&A

■マレーシアでのロングステイに関して■

おすすめのロングステイ先はありますか?

自分の好みや滞在、正確に合った場所選びを
どこが良いかはその人それぞれの好みや目的で異なります。ご自身がどのようにマレーシアで滞在したいかを考えてロングステイ先をお選びください。

銀行に預けた定期預金は引き出し可能ですか?

2年目以降に、①家の購入 ②医療費 ③子供の教育費目的で一部引き出しが可能です。
 生活費として定期預金を引き出すことはできません。またビザが有効な間は50歳未満は15万リンギット、50歳以上は10万リンギット以上を口座に残す必要があります。

マレーシアに日本人村があるって本当ですか?

日本人村はありません
チャイナタウンやコリアタウンのような、特に日本人が集まって住んでいるような地域  はありません。ただしクアラルンプール近郊の住宅街には、海外支社で勤務されている  日本人が多く住んでいる地区があります

マレーシアで日本語は通じますか?また日本のTV番組は見られますか?

マレーシアでは基本的に英語かマレーシア語のどちらかができないと生活は困難です。
日本のTV番組は衛星放送を通じてNHKが、インターネットTV等を通じてその他の  番組が視聴可能です。

■MM2Hビザに関して■

MM2Hビザで同行する18歳以上の子供は、MM2Hビザを使用してマレーシアで学校に入ることはできますか?

いいえ。18歳未満の子供のみ、学校からの入学許可証を提出しそれに基づいた期間の修学が許可された場合のみMM2Hビザで学校に入学する事が可能です。
18歳以上に関してはMM2Hビザから学生ビザに切り替える必要があります。

MM2Hビザで義理の両親を扶養家族として同行させられますか?

MM2Hビザで同行させられるのは、代表者の実の両親に限られます。
もし配偶者の両親  を同行させたい場合は、配偶者が代表者になる必要があります。両親には6ヶ月の滞在  ビザが給付されます。このビザは、代表者のMM2Hビザが有効な期間は更新が可能です。
※両親のビザ申請は、代表者のビザが許可されてから行われます。

仮承認時子供が21歳未満だったのですが、本申請時は21歳になってしまっていますが、扶養家族としてMM2Hビザを取得できますか?

はい。仮承認レターに記載されている有効期限内に手続きをされれば許可されます。
(仮承認レターに発行日から6ヵ月)

扶養家族が17歳の時に学生ビザを取得するためにMM2Hビザから学生ビザに切り替えました。学生ビザが失効する2年後、再び私のMM2Hビザに扶養家族として追加する事はできますか?

はい。扶養家族が21歳未満で未婚である限りは代表者の扶養家族としてMM2Hビザの  取得は可能です。ただし代表者が扶養家族の追加申請をする事と、査証部から承認され  た場合に限ります。

サバ/サラワク州でMM2Hビザにて滞在したい人はどこへ申請すれば良いですか?

申請は、サバ/サラワク州の移民局に申請する必要があります。ビザは各州の移民局にて  手続きが行われます。

マレー半島で取得したMM2Hビザでサバ/サラワク州の不動産を購入できますか?

サバ/サラワク州政府の許可次第です。

日本と米国の二重国籍の人が、日本のパスポートでMM2Hを申請し仮承認を受けました。  しかし、本申請の為の来馬の際米国パスポートを使用して入国しました。その場合どう  したら良いですか?

マレーシアでは2つのパスポートを同時使用する事はできませんので、申請者はどちらかのパスポートを選んでビザを取得する必要がありますので、もし仮承認を受けた日本パスポートでのビザ取得を希望される場合は、一旦マレーシアを出国し、日本パスポートでの再入国をしてください。もしこのまま米国パスポートでのビザ取得を希望される 場合MM2HビザはMM2H特別審査委員会にて再審査を受ける必要があります。もし申請者が日本国籍を放棄する旨を記載された放棄書をもって入国した場合は、特別審査委員会での審査は無く米国パスポート情報にて本申請の手続きが行われます。

MM2Hビザでマレーシアで働く事はできますか?

次の条件を満たす場合のみ可能です。
50歳以上のビザ保持者で、医療、技術、教育、銀行等の特殊な能力分野でのみ1週間に20時間の範囲で働く事が許されていますが、MM2H特別審査会によって出される特別就労許可証が必要です。

MM2Hビザ保持者にはIDカードは発行してもらえますか?

現時点では発行してません。

トラブルを避けるために

■ 賭博詐欺にご注意下さい
英語にちょっと自信がある、という人が引っかかり易いのが賭博詐欺です。英語で話しかけられて聞いてみると実は賭博の誘い。誘いに乗って賭博をすると、最初は勝たせておいて、掛け金が大きくなったところで大負けをさせるのが手口。フレンドリーに誘いをかけられても、必ず慎重に判断をしてください。

■ 賭博詐欺にご注意下さい
マレーシアロングステイヤーがよく巻き込まれるトラブルの1つが不動産。マレーシアでは不動産を借りる場合、不動産会社は仲介するだけなので、実際は家主と直接交渉することになります。そのため家主が外国人だと、自国に長期帰国してしまい連絡が取れなくなることもあります。
また、権利書の無い不動産は売却が出来ませんので、購入するときは権利書の有無も必ず確認してください。言葉が通じないからと仲介者の日本人に騙され、不動産購入金を持ち逃げされたというケースも報告されています。

※上記情報は2009年4月現在の情報です。情報は予告なしに変更となる場合がございます。