マレーシア4大グルメ 多民族国家・マレーシア。その柱となるマレー、中国、インド系の3民族の料理に、「プラナカン」と呼ばれる、その昔大陸から渡ってきた中国人と地元マレー女性の婚姻で生まれた子孫たちが代々受け継ぐ「ニョニャ」料理を加えた4つの料理が、マレーシアを代表する4大料理。マレーシアへ旅行したらまず押さえて欲しい4大料理をご紹介します。

マレー料理 どこか懐かしさを感じる味

ココナッツ、唐辛子、レモングラス、タマリンド、ターメリックなどスパイスをたっぷり使った料理が特徴。スパイシーなものもありますが、辛さの中にもまろやかさがあり、馴染み易い味です。主にイスラム教徒であるマレー人の主食なので、豚肉やお酒は一切使われていない上、それ以外の肉もイスラム教上許された「ハラル肉」でないとなりません。
代表的なメニューは、様々なスパイスで下味を付けたお肉を串刺しにして炭焼きし、甘いピーナツソースを付けて食べるマレー風焼き鳥のサテーや、マレー風チャーハンのナシゴレン、ココナッツのまろやかさが広がるチキンカレーなど
主なメニューはこちら

中華料理 バリエーションの多さに思わずビックリ

中華料理と一言でいっても、北京、広東、四川、上海・・地域によっても大きく味の特徴が変わる中華料理は、マレーシアでは大陸からやってきた中国人によって伝えられました。
特に中国南方の広東(あっさり味)、福建(海鮮を多く使用)、客家(肉類、香辛料を多く使用)地方の料理が多く見られます。特に多いのが広東料理で、マレーシアでは飲茶もポピュラーなメニューです。その他、バクテー(肉骨茶)やスチームボート等、具材や味付けがマレーシア風にアレンジされたものもあります。
主なメニューはこちら

インド料理 スパイスたっぷりで元気をリチャージ

その多くはイギリス統治時代にインドから移り住んだ人々で、特に南インド地方出身者が多い為、南インド料理店が北インド料理店に比べ若干多く存在します。
お米が主食で、ココナッツミルクを使用し、野菜や豆の料理が多い南インド料理に対し、北インド料理は、肉をメインにスパイシー味付けされているのが特徴。南インド料理の代表料理はバナナリーフカレー、北インド料理の代表はナンとタンドリーチキンなど。
その他マレーシアでは、イスラム教徒のインド系住民の料理「ナシ・カンダール」もペナン島中心に多く見られます。
主なメニューはこちら

ニョニャ料理 中華料理+マレー料理の出会い

その昔、大陸から渡ってきた中国人と地元マレー人女性との婚姻で生まれた子孫たちの男性をババ、女性をニョニャと呼び、ニョニャが料理をする事からニョニャ料理と名付けられた、マレーシアで生まれたオリジナル料理。
彼らのルーツである中華料理にスパイスたっぷりのマレー料理をミックスしたもので、ココナッツをたっぷり使用したり、マレー人(イスラム教徒)が食しない豚肉を使っているのが特徴です。もともとレシピは各家庭に代々伝えられ、手間暇を惜しまず、調理に時間をかけて作られるのが特徴で、レシピも門外不出のものでしたが、昨今は、代々受け継ぐニョニャや、その家に使えていたコック等によってマラッカとペナン島を中心にニョニャ料理店が増えています。代表的な料理は、パリパリに揚げたカップに野菜の煮たものを詰めて頂くパイ・ティーやエビとパイナップルをココナッツミルク入りのカレーで煮込んだ、ウダン・ルマ・ナナスなど。カラフルなニョニャスイーツも人気です。
主なメニューはこちら