西海岸 Bearch&Island
西海岸マップ
実際の尺寸とは異なります。
マレーシアを代表する島々が名を連ねる西海岸。モンスーンの影響が比較的少ないので年間を通じて訪れることができ、旅行形を問わず幅広いアクティビティの中から自分にぴったりの楽しみ方が見つかるリゾートエリアです。
・ランカウイ島>>
・ペナン島>>
・パンコール/パンコールラウ島>>
・ポート・ディクソン>>

ランカウイ Langkawi
アンダマン海に浮かぶ、豊かな自然とのんびりした空気に包まれたネイチャーアイランドです。ビーチエリアは大きく2つ、北部のダタイ湾やタンジュン・ルーにはマレーシアを代表する高級リゾートが点在し、南西部のパンタイ・チェナンやパンタイ・テンガ周辺にはカジュアルなホテルやレストランが軒を連ねる賑やかなエリアとなっています。周辺の島々を巡るアイランドホッピングのほか、ボートで1時間ほどのパヤ島では珊瑚の海でダイビングやシュノーケリングも楽しめます。ランカウイ島は免税特区ですので、クアタウンやパンタイ・チェナンの免税店で化粧品やお酒などを安く手に入れることができます。
島の見どころ
ランカウイ島の見どころはこちら>>
アクティビティ
大半のアクティビティは滞在リゾート内のスポーツセンターでお楽しみいただけますが、催行されているプログラムはそれぞれ異なりますので事前に確認することをお勧めします。
ダイビング / シュノーケリング / ジェットスキー / カヤック / バナナボート / ウィンドサーフィン / トレッキング / フィッシング / ゴルフ
宿泊情報
ランカウイ島のホテルリストはこちら>>
アクセス
クアラルンプールから国内線で約1時間。ほかにペナンからの国内線や、シンガポールからの国際線も就航しています。
ページトップへ▲

ペナン Penang
マレーシア随一のリゾート地として知られるペナン島は、アクティブに過ごしたい人にぴったりです。海の透明度はさほど良くありませんが、パラセイリングやジェットスキーなどのマリンアクティビティは他のリゾート地に比べても豊富に揃っており、アクティブに過ごしたい旅行者に人気があります。ボートで2時間ほどかかりますがパヤ島へ足をのばせばダイビングやシュノーケリングも可能。また、ペナン島はグルメや観光スポットも充実しているのでビーチ滞在以外の楽しみも盛りだくさん。ファミリーやグループ旅行でも飽きないリゾートアイランドです。
島の見どころ
ペナン島の見どころはこちら>>
アクティビティ
ジェットスキー / カヌー / パラセイリング / バナナボート / ウィンドサーフィン / トレッキング / フィッシング / ゴルフ / ダイビング* / シュノーケリング*
*パヤ島でのアクティビティです。
宿泊情報
ペナン島のホテルリストはこちら>>
アクセス
クアラルンプールから国内線で約50分。ほかにコタキナバル、ジョホール・バルからの国内線や、バンコク、シンガポール、香港からの国際線も就航しています。
ページトップへ▲

パンコール/パンコールラウ Pangkor
マレー半島中部の町ルムッの沖に位置するリゾートアイランドで、パンコール島とパンコール・ラウ島の2島からなっています。パンコール島には今なお静かな漁村が残り、ビーチエリアは西側のゴールデンサンズ・ビーチ、テロク・ニパー、パシール・ボガクなどが有名です。パンコール・ラウ島は宿泊ゲストのみが滞在できる1島1リゾートで優雅な滞在にぴったりです。いずれもエメラルドグリーンの海と豊かな自然が特徴で、のんびり過ごすことができます。
島の見どころ
※見どころはパンコールのみになります(ラウ島にはありません)
パンコール島内には、漁業を柱とする生活風景や歴史を偲ばせるスポットが残っています。島内を巡るにはホテルからのツアー参加やレンタサイクルの利用が便利です。
■テロク・ニパー Teluk Nipah
パンコール島内で最もポピュラーなビーチのひとつですが、周辺には伝統的な漁村が残り、人々の暮らしを垣間見ることができます。
■オランダ要塞 Dutch Fort
島内に残る数少ない歴史的スポットのひとつ。18世紀に建てられたもので錫産業が盛んだったオランダ統治時代の歴史を物語っています。
■タートル・ベイ Turtle Bay
島の西部に位置する静かなタートル・ベイ(地元名Teluk Ketapang)はウミガメが産卵に訪れるスポットとして知られています。
アクティビティ
■パンコール島
主に島の西部のビーチエリアでマリンアクティビティを楽しむことができます。アクティビティ内容はホテルによって異なりますので事前に確認をお勧めします。
ダイビング / シュノーケリング / ウィンドサーフィン / カヤック / パラセーリング / バナナボート / ジェットスキー / 水上スキー
■パンコール・ラウ島
リゾートで様々なアクティビティが主催されています。
シュノーケリング /カヤック / フィッシング / クルージング / 水上スキー
宿泊情報
パンコール島のホテルリストはこちら>>
アクセス
■陸路+フェリー
クアラルンプールから西海岸の町ルムットへ、ここからフェリー約40分でパンコール島に到着します。
バス:クアラルンプールのプドゥ・ラヤ・バスターミナルから約4時間。
フェリー:
1.パンコール島へ:パンコール・ビレッジ、テロク・ダラム(パンコール・アイランド・ビーチ・リゾート前)へそれぞれフェリーが30分毎に就航しています。
2.パンコール・ラウ島へ:リゾート専用ボートが1日4本就航しています。
ページトップへ▲

ポート・ディクソン Port Dickson
ポート・ディクソンは首都クアラルンプールから最も近いビーチで、古くはイギリス統治下で貿易港として栄えた歴史もあります。メインビーチは約2kmにわたって砂浜が続くテロク・ケマンTeluk Kemang、水平線に沈む素晴らしい夕陽も必見です。
島の見どころ
■ブルー・ラグーン Blue Lagoon
ポート・ディクソンから約15kmの距離にあるビーチエリアで、自然豊かな環境の中でマリンアクティビティを満喫することができます。
■ラチャド岬 Cape Rachado
ポルトガル統治時代の16世紀に築かれた灯台が残り、マラッカ海峡の大パノラマが望めます。現在は森林保護区に指定され散策も楽しめます。ラチャド岬はマレーシア語でTanjung Tuanとも呼ばれます。
■ルクット要塞
ポート・ディクソンの北東約7kmに位置する町・ルクットの小高い丘に残る要塞です。錫の採掘地として繁栄を極めていた19世紀に防衛のために築かれたもので、博物館にも当時の資料が残されています。
アクティビティ
カヌー / ウィンドサーフィン / 水上スキー / パラセーリング
宿泊情報
ポート・ディクソンのホテルリストはこちら>>
アクセス
■バス
クアラルンプールのプドゥラヤ・バスターミナルから所要約1時間30分。
■鉄道+タクシー
クアラルンプール中央駅からKTMコミューターでセレンバンSerembanへ。ここからタクシー約40分、またはローカルバス利用で約1時間。
ページトップへ▲

※上記情報は2008年3月現在のものになります。情報は予告なしに変更となる場合がございます